オークションやデスクトップカスタマイズのことならプレミアステージ プレミアステージ


酒の肴

ご飯のおともに、酒の肴に、いくら・鮭フレーク・ししゃもっこの味彩三昧

ご飯のおともに、酒の肴に、いくら・鮭フレーク・ししゃもっこの味彩三昧ご飯のおともに、酒の肴に、いくら・鮭フレーク・ししゃもっこの味彩三昧
皆様、当店の「いくら正油漬」は、もう召し上がりになられましたか???実はウチのいくら正油漬、JTB主催の“日本おやげアカデミー賞”を三回連続受賞しているほどの極上の逸品なんです!!!(写真左の縦とトロフィーがその証拠です♪)
原料となる筋子の産地と鮮度にこだわり、創業57年の秘伝の出汁に漬け込んで作るウチのいくら正油漬は、非常にまろやかな味わいで、一度食べると、もう他所のいくら醤油漬は食べられなくなっちゃう事請け合い!!実際、ウチのいくら正油漬は、嬉しい事にと〜〜〜ってもリピート率が高いんです♪ と、いう事で、<北のグルメ>の超人気商品「いくら正油漬」、この美味しさのヒミツに迫ります!!素材の産地と鮮度に対するこだわりひとつひとつ手作業で丁寧に

57年かけて作りあげた自慢の逸品
味しい「いくら正油漬」を作るのに一番大事な事は“どれだけ鮮度のよい筋子を使うか”という事につきるのですが、うちで使う筋子は、前日の朝に浜に上がった鮭からとれた超新鮮な筋子です。透明感のあるピンク色のものが良い筋子
なのですが・・・どうです?写真の筋子もピンク色をしているでしょう??
いくら正油漬の仕込が始まるこの時期、一番美味しいのはオホーツク産の筋子だと言われています。もちろん当然、ウチで使うのもオホーツク産のもの!
みほぐされた筋子は、いくら洗浄除菌機に入れられます。塩水によって洗浄・除菌されながら、薄い膜のようなものや筋が取り除
かれていきます。洗浄器にかけても落としきれなかった薄皮などは、こうやって、いくらを潰さない様に、ひとつひとつ丁寧に、手作業にて取り除いていきます。
とても根気のいる作業ですが、これにより、色・粒・味の三拍子が揃った極上品になるのです。とつの容器
で一度に漬け込むイクラの量は15kgと決められています。他にもタレに漬け込む時間や、その日の気温や湿度など、色々と気をつけなければいけない事があるのですが、今まで長い年月をかけて熟成させてきた味ですので、詳細は企業秘密という事で・・・。
いくらに拘わってきた者が、丹精込めて作り上げた秘伝の一粒一粒に真心がこもっています。【味は2種類!】お好みでどうぞ♪
紫しょうゆベースに昆布だしを加えたまろやかで濃厚な深みのある味わい 
白しょうゆベースにかつおだしを加えたさっぱりとした味わい
 紹介されています♪♪♪
【味彩三昧】
当店自慢の逸品“いくら正油漬”を含む人気の魚卵セットです。ご飯のお供にピッタリ!お子様のいるご家庭にも喜ばれます。また年末年始のパーティーシーズン、手巻き寿司のネタにも最適です♪もちろん、お父さんの酒の肴にも。(笑)■商品内容
・いくら正油漬(昆布だし)100g瓶詰×1本
・とびっこ 90g瓶詰×1本
・ししゃもっ子 90g瓶詰×1本

■送料全国一律1,000円のところ送料無料
さらに詳しい情報はコチラ≫




×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。